ストレスチェック

MENU

厚生労働省の「ストレスチェック制度」

ストレスがたまっていると実感しても、自分で正確に把握することは難しいものです。そこでオススメなのが、正式にストレスチェックを受けることです。

 

主に職場で使うことを前提に、厚生労働省では「ストレスチェック制度」を制定し、2015年12月より施行されています。
本人に、日ごろのストレスの状況を客観的に示し、改善点をあぶり出すことで、個人にフィードバックさせることを目的にしています。
統一された基準が設けられたということで、曖昧さは一応、解消された格好になっています。

データを集めて分析することで得られる知見も

ストレスがたまっていると実感しても、自分で正確に把握することは難しいものです。そこでオススメなのが、正式にストレスチェックを受けることです。

 

主に職場で使うことを前提に、厚生労働省では「ストレスチェック制度」を制定し、2015年12月より施行されています。
本人に、日ごろのストレスの状況を客観的に示し、改善点をあぶり出すことで、個人にフィードバックさせることを目的にしています。
統一された基準が設けられたということで、曖昧さは一応、解消された格好になっています。

プライバシーの保護がポイント

ストレスチェック制度は、厚生労働省のサイトから、マニュアルも含めてダウンロードしたうえで利用できます。
ダウンロード自体は5分程度でできるのですが、世間での関心が大変に高いようで、時間帯によってアクセスしにくい状態になることもしばしばあるといいます。

 

ただ、ストレスチェック制度を企業で用いるには、チェックを受ける人の守秘義務については、最大限に尊重すべきです。
後で一部の人が不利益にならないよう、利用にあたっては、ルールをきちんと作り、だれでも安心して受けられる体制を作る必要があります。